So-net無料ブログ作成

ビクトリア〜ダウンタウンのハンギングバスケット [カナダ]

ガーデニングと言えばイギリスとずっと思っていました。
それが、息子から教えられて初めてこの街もガーデニングで有名なんだと知りました。

ビクトリアを訪れたのが6月だったので、ガーデニングの時期としては少し早かったです。でも、ダウンタウンの街灯などにはハンギングバスケットがぶら下がっていて、やっぱり感動しました。街の中でも目立つよう大きなハンギングバスケットで、色も鮮やか!ピンク色が濃く一目でわかります。

ピンク色と赤色と紫色という組み合わせは、まず自分ではあり得ません。でも、このような開放感ある場所では、はっきりした色の組み合わせは必要なんだと思いました。後ろのエンプレスホテルの建物とマッチしてすごくいい感じです。
今度は本格的な夏に訪れたいです。


ビクトリア〜インナー・ハーバー(夜景) [カナダ]

カナダは広い。私の知っているカナダはそのほんの少し小さな部分だけ。
だけど、印象はとても強烈だった。その中のひとつが夜景。
夜景が好き。特に都会の夜景が好きです。大都会ならずっと見ていたい。
ビクトリアは都会ではないけれど、インナー・ハーバーの夜景はすばらしかった。

ホテルの部屋は狭かったからマイナス点だけど、部屋から見える景色は最高点をあげてもいい。部屋にいるとこの夜景が毎日見られた。

ホテルはインナー・ハーバーに面していて、B.C.州議事堂とはちょうど向かい合う対岸。
ハーバー・フェリーという小船でこちらとあちらを行き来できる。

右の小船がハーバー・フェリー。
夕焼けを背にしてハーバー・フェリーがもうすぐ到着するところ。
10人以上乗ったら沈没しそうなかわいい姿の小船だった。

夜のダウンタウン。

右端に見える建物は、B.C.州議事堂。ライトアップされてディズニーランドみたい。


1番好きなカナダの写真と2番目に好きな写真・・・ [カナダ]

今日は日曜日。
今、♪Wanting (Gabriela)を聴いている。♪Fire Of Love を何度も聴いている。
カナダ= ♪Fire Of Love の方程式なんだけど、説明すると長くなるので省略します。

1番好きな写真はこれ。卒業式の写真。

卒業式はビクトリア大学で行われました。その会場入り口にて。
背景の清々しい緑と美しい18歳の女の子たちの写真は私の大切な思い出です。

卒業式出席にはチケット(指定席)が必要でした。1家族(3人)45ドル。
この年はこのようなイベントのためのスポンサーが学校に付かなかったから高いんだそうです。残りの指定席には学校の後輩ジェフ君(台湾)が来てくれました。


このジェフ君、私好みのイケメン君でした。わかると思うけど、左から2番目。
我が家の若者は右端にいたんだけど、顔がデカイ!のでカットしました。(苦笑)

2番目に好きな写真はこれ。

いずれ blog デビューさせます。カスタムぺインにも載せました。名前はsmash。
もちろん写真はまだまだ子犬の頃で、今は立派なブタ犬になりました。

3番目は・・・やっぱりこれかな。 University College の廊下。

この写真=♪Fantasia ・・・でもないかな。=♪Just An Hour かな。
♪Just An Hour のピアノの "さび" (と勝手に思っている)のところが好き。
この廊下の時間は止まったまま。もう動くことはないと思うから私にとっての記念の写真です。


激寒!でも今年は・・・ [カナダ]

2つのHPの更新でここんとこHPオタクをしていたわけだけど,いつの間に12月になってしまって寒さも微妙に変化しています。
微妙というのは,朝のsmashの散歩は日課だから6時過ぎには起きて歩いているんだけど,マフラーをグルグル巻きにして,でもコートなしという服装だから例年に比べたら寒さは序の口のような気がして,まぁ微妙が適当な表現かと。(ありゃ〜,グダグダとした文になってしまった。)



寒い!と言えば,やはりトロント。そのトロントも今年は地球温暖化のせいなのか
「11月はたいてい10Cぐらい以下ですが,今年は10C以上ですよ。本当に変でしょう。」
とラレンタが言っていました。12月は寒くなったかな?



息子がいた年の冬のトロントは,激寒!でした。

「今日気温がマイナス11度で、風による体感温度マイナス20度って出てた。外出てほんっとに息ができないくらい寒かった。歩いて2,3分で耳が凍り付いて痛くなって、これは帽子なしではぜったい生きていけないと知りました。体は厚着すればいいけど、顔はやはり何かしないといけなかったみたいです。」(1/7)

「今日はついに気温がマイナス20、体感温度マイナス30という予報になりました。」(1/9)

東京にいると想像もつかない冬が,トロントだけではないんだけど,そうゆう都市で過ごしている人がいる。想像しただけでも,ブルッ!さぶい!




写真は全て冬のトロントです。

ちなみに,冬の蓼科の写真もup。山はいくら寒くてもなんか気持ちはホカホカ。
smashは雪遊びが大好きです。


それにしても,smashは汚い子だなぁ・・・


激寒!続き・・・ [カナダ]

今年は寒い冬になりました。
東京も朝と夜は立ち止まるとつらいような冷たさです。
吐く息が白く、マフラーで顔を覆いたい・・・
自分てこんなに寒がりだったかと思うのです。

トロントの激寒!を思い出しました。
寒くて暗い・・・重たい建物が余計寒くて暗い。


夜のトロント大学。氷点下の冬景色です。

■Soldier's Tower ソルジャーズ・タワー





通称「タワー」と呼ばれる塔。
第一次大戦後に、大学生で戦地に行って亡くなった人のために造ったみたい。
夜行くとけっこう怖い。(S)





このタワーの横に建っている建物(写真には写していないけど)も100年くらい前の建物で、幽霊が住んでいることで有名。だから撮っていない。(S)


昨夜、smashの夜の散歩当番があって某国立大学の塀に沿って歩きました。
前を歩いていた2人の女の子が大学の通用門へ入っていきました。
その門を覗いたら中はずっと遠くまで真っ暗でした。
2人は真っ直ぐの道を歩いている。あの2人はどこへ行くのだろう・・・
時間は10時を過ぎていました。大学は広いから夜は暗すぎる!


穏やかな時間(ブッチャートガーデン ) [カナダ]

あれもしなくちゃ!これもしなくちゃ!と毎日が何かと慌ただしい。
でも、何もしない人もいる。気持ちは焦っているんだけど。(←私です)

突然、季節はずれのことを考えてしまった。
ハワイもオーストラリアも行けないからイメージで寒さを忘れようっと。



緑が恋しい・・・



こんな風に手を伸ばして寝っ転がって空を見たい!



何しているの?
ママとパパを待っているの。
1人で先に行っちゃ〜ダメ!だって。



もう少しゆっくりしていきますかね・・・
そうですね・・・
のんびりしていきましょう・・・


Merry Christmas ! [カナダ]


Merry Christmas !




明日はクリスマスイブ♪
どこかでこんなクリスマスパーティーが行われているかも・・・です。
ん?(写真は)クリスマスパーティーじゃない?

まぁ、そうなんですけど。
でも、どこかでこんな服を着てパーティーをしているかも・・・ね。

それにしても、恐るべき18歳。映画スターみたい、この2人。
女のコ(コじゃなくて人と言った方がいいくらい)色っぽい・・・過ぎるゾ!
男のコは、ばっちしイケメンだわ♪
シャツのボタンをはずしているところがニクイ♪

後ろの白地に水色の模様のコ、彼女は美人さんだわ♪
このコとのツーショットの方がいいと思うんだけど・・・
(あぁ〜、余計なお世話している)





この女のコの笑顔が好きです。かわいい。
2人とも18歳のあどけなさが残っていてイイ感じ。

人とのふれあいが好き。
その街で暮らしている人が写真の中にいるのが好きです。

街もTVもクリスマス・モード。
berry家は2人と1匹と23センチのちっこいツリーで、Merry Christmas !
だからブログだけでも華やかなクリスマスにしなくっちゃ〜♪

引っ張り出した写真は、GRAD DINNER DANCE(卒業式後の謝恩会みたいなもの)
若いっていいね。皆美しく変身してステキになれる。
おばさんは?・・・おばさんだって・・・やればできる!

さぁ、パーティーへ行きましょう。





このブログでお友だちになった "若い人" アンド "おばちゃま"アンド "イケメンさん"

夢の中のクリスマスパーティーで会いましょう♪

Merry Christmas !

Happy Christmas !


激寒!シリーズ(3) [カナダ]

今年は寒いっ!です。
東京も寒いっ!です。
家の中の廊下が寒いっ!です。

だからと言うわけではないんだけど、日記が続かないなぁ〜。
こたつはないですよ。だから、ゴロンしてません。ただ椅子に寝そべってますが。
やっと誰もいなくなった部屋がうれしくて・・・。

寒い寒い寒い寒い寒いっ!と言って、激寒のトロントをまた見て
東京はまだ寒くないっ!と言い聞かせているのです。


【トリニティーカレッジ :正面から見て左が2階建て、右が3階建て。2人の建築家が双方の意見を譲り合わず、左右非対称の建物になったとか。1925年建設。(S)】


夜のせいもあって凍りつくような景色に見えます。
実際マイナス20度いくこともあるようで・・・。トロントはさぶいゾ!

ところが、今、北日本とか西日本では記録的な大雪になって大変です。
村や町が降り積もった雪に埋もれている。
家がつぶされて、スキー場では雪崩が・・・。

皆さま、寒いので体調には気をつけて!


ガンバレ! [カナダ]

 

 

受験生 ガンバレ!



【Robarts Library ロバーツ図書館 /なんと1館で蔵書250万冊!】


えっ?大学がおかしい・・・
いいじゃないですか。写真は写真。センター試験はセンター試験。


コーヒー飲んで頑張ろう!





おっと、今は試験中。終わったらスタバへ直行だね。
コーヒー飲んで一息入れよう〜♪



【Sigmund Samuel Library Building シグモンド・サムエル図書館 /最近出来た図書館。すごく綺麗で、実は地下3階くらいまで中は広い。2004/01撮影(S)】


えっ?大学が夜ばっかり・・・
いいじゃないですか。写真は写真。大学は大学。

さて、大人は体を動かさないと!


余談ですが・・・ [カナダ]




あの〜、別に驚かすつもりは全然ないです。
これはれきっとした作品です。

とってもユニークなオブジェだと思いません?
私は一目で気に入りました。(注:私は普通の感性だと思っていますよ)

ところで、これを日本に持ち帰りたいと思いました。

これ、日本で売れますかしらん?

お買いになりませんか?

しかし、これをカナダから運ぶとなると・・・これ、相当重そうです。
それでもほしいとなると火事場の馬鹿力に頼るしかない!・・・と一瞬思いましたね。
侮れない火事場の馬鹿力!
壊れるからと風呂敷に包んで(またはカバンに押し込んで)抱きかかえて機内に運び込む・・・・・な〜んてネ♪
あはっ!捕まっちゃいますかな !?

マジで船便を考えましたけど、オブジェ自体が高価そうなので諦めました。
家族会議では2万円はするんじゃないかと。ヒソヒソ・・・
聞いてませんが、たぶん。それに梱包の問題もあるし。


もう一つありますよ。





こちらの方が肌がツヤツヤしていて美しい〜♪

いかがですか?






では、これなんかどうですか?





何だかかわかりますよね?

見たまんまです。
胸にくっつける胸のブローチ(5.5×4.5センチ)です。


実は、これらはオークベイに住む陶芸家でホストファミリーだったパパの作品です。
ほんの一部を紹介しました。


P.S.

パパの多くの作品にはこのお皿の " 魚 " がテーマとなっています。
また、ブローチのこっけいなデザインも花瓶などに使われています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。